静岡で動画・映像制作を頼むのにおすすめの制作会社をご紹介!口コミで評判の高い会社を厳選しました。

動画制作で活躍できる資格とスキルについて解説

公開日:2021/05/15


動画制作では個人や法人といった形態は関係なく、等しく求められる技術や知識があるのはご存知でしょうか。この記事では動画制作で活躍できる資格とスキルについて解説していきます。CGや映像に関する資格や検定に合格すると、CG技術全般への専門的な知識を持っているという証明となり、仕事だけでなく信頼を得ることにも繋がるでしょう。

持っておくとよい資格

動画制作に関する資格はたくさんありますが、ここではCGクリエイター検定、CGエンジニア検定、映像音響処理技術者認定試験の3つを紹介します。

CGクリエイター検定

CGクリエイター検定は、CG(コンピューターグラフィックス)を利用して映像表現を行うデザイナー・クリエイターのための検定試験で、知識の基礎的な理解度を測るベーシックと、理解度と併せて応用能力を測るエキスパートがあります。試験ではCGによる2次元映像、構図やカメラワーク、3次元CG制作の手法などの映像制作やアニメーション作成に関する基本的な知識・技術を問われます。CG製作に興味がある方や目指している方にとって入り口となる検定試験と言えるでしょう。CGクリエイター検定の合格率は、ベーシックが60~80%程度、エキスパートが20~30%程度となっています。

CGエンジニア検定

CGエンジニア検定は、その名の通りCG分野の開発や設計を行うエンジニアやプログラマーの能力を測る指標となる検定試験で、こちらもベーシックとエキスパートがあります。試験はCGプログラマー、ゲームプログラマー、ソフトウェアエンジニアなど、CGに関連するプログラミング、エンジニアリングを行うための知識、理解度を確かめる内容になっています。CGプログラマーやソフトウェアエンジニアを目指す方にとっては必須となる資格なので、ぜひ取得を目指すと良いでしょう。CGエンジニア検定の合格率は、ベーシックで60%前後、エキスパート試験で30~45%程度となっています。

映像音響処理技術者認定試験

映像音響処理技術者認定試験は、映像作品の製作で撮影後に必要な映像・音楽の編集やナレーション収録、効果音の追加など、様々な作業の総称であるポストプロダクション(映像編集・MA)を行う際に必要な知識や技術を持ち合わせているかを問う試験です。試験内容は、技術基礎・映像基礎・音響基礎・デジタルメディア・コンピュータ基礎問題・著作権基礎が出題され、映像音響処理技術者の仕事内容に必要な知識が十分に理解できているかが問われます。映像音響処理技術者認定試験の難易度は比較的優しいと言われており、受験者の約70%が合格しています。

身につけると有利なスキル

動画制作の現場で働こうとする場合、資格を取得して知識を得ただけでは仕事はできません。専門的な技術を身につけて実際に活かしてこそ活躍することができます。ここでは動画制作において身につけると有利な3つのスキルについて解説します。

ソフトウェアを使いこなせるスキル

編集オペレーターやクリエイターなど役割によってたくさんのソフトウェアがあり、より魅力的な動画を制作するためにはそれぞれのソフトウェアを使いこなさなければなりません。代表的なものを例に挙げると、編集オペレーターであれば「Adobe Premiere」や「After Effects」などの動画編集ソフトの操作に習熟していることが求められ、CGクリエイターであれば「Maya」や「3dsMax」などのGC作成ツールを操作する技術が必要とされます。ご自身が使われている、使おうとしているソフトウェアを誰にも負けないくらい使いこなせるようにスキルを磨きましょう。

コミュニケーションスキル

動画制作の現場ではコミュニケーションスキルが不可欠です。動画制作の専門家ではないクライアントと打ち合わせを行うと、どんな動画を制作してほしいかという要望をうまく言語化できないことがあります。また、こちらが伝えたい内容が伝わらないということもあるでしょう。コミュニケーションスキルとは「対人的なやり取りにおいて、お互いの意思疎通をスムーズにするための能力」のことです。

仕事に限らず家庭や学校といったあらゆるシーンで、他人との人間関係を円滑に構築するために非常に重要なスキルであることは間違いありません。動画制作のようにチームで作業をする場合は特に「他者を巻き込む力」「理解させる・説得する力」「論理的に伝える力」の3つの力が重要とされています。

マネジメントスキル

動画制作は多くの人が関わりあって成り立ちます。プロデューサーやディレクターは、プロジェクトの進捗状況を把握し、全体を統括して業務が円滑に進むように調整を図るマネジメントスキルが必須です。マネジメントスキルとは、対象物を管理するためのスキルで、対象物はスケジュールや進捗だけではなく「モノ」「時間」「ヒト」「事業全体」「組織」などすべてが当てはまります。

 

動画制作で活躍できる資格とスキルについて解説しました。資格については、動画制作を目指している方は知識を身につけるため、すでに動画制作をしている方は知識の確認のために受験してみるといいでしょう。スキルについては、初心者やプロ関係無く誰にでも必要とされるものなので身につけておきましょう。

【静岡】動画・映像制作会社おすすめ5選

商品画像
商品名ウィンドラボ杉山メディアサポートアンドファクトリージェイクラフト静岡テレビセンター
特徴広告業界でキャリア20年以上のディレクターが対応動画の企画、制作からモデルの手配、ロケ地選定、配信まで一貫して対応メディアと合わせたマーケティングでサポートオリジナルの映像・Web制作で生産者の想いを表現ローカルの強みを生し迅速に対応
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索
エリア別!動画制作会社紹介